Amazon輸出 利益の計算方法

Amazon輸出の利益計算の方法を簡単に説明します。

FBA販売の利益計算

以下の計算式で利益が計算できます。

利益=(①売値)ー(②仕入れ値)ー(③Amazon販売手数料)ー(④FBA手数料)ー(⑤納品送料)ー(⑥関税)ー(⑦納品先集約手数料)ー(⑧その他の各種費用)

①売値・・・FBAで販売する場合、カート獲得者がFBAセラーの場合、そのままカート価格で計算します。自社出荷セラーがカートを獲得している場合は、1割~2割ほど価格が高くてもカートを取れることが多いので、カート価格の1.1~1.2倍くらいで考えてもいいかと思います。

②仕入れ値・・・消費税還付を受ける場合、税抜き価格で入力します。

③Amazon手数料、④FBA手数料・・・Fulfillment by Amazon Revenue CalculatorにASINを入力して確かめましょう。GoogleChrome拡張機能のAmazon FBA Calculator Widgetも便利でオススメです。

⑤納品送料・・・FBA納品する場合、納品送料は以下の計算式で求めます。

1個あたりの納品送料 = 1個の重さ(kg) × 1kgあたりの国際送料(円)

1個200g(0.2kg)の商品を、1kgあたり700円の国際送料でFBA納品する場合だと、

1個あたりの納品送料 = 0.2(kg) × 700(円) = 140円

と計算できます。

⑥関税・・・関税は商品によって、税率が異なります。また、まったく同じものを送っても、1回目と2回目で関税が大きく変わったということも珍しくありません。

特定のものに絞って輸出する場合は関税率まで調べて利益計算をするべきですが、多種多様なものを扱う場合、商材1点ずつ関税率を調べてリサーチしていくことは現実的ではなく、非効率です。

経験上、おおむねインボイス金額の4~6%程度になることが多いです。

⑦納品先集約手数料・・・FBAに商品を送る際、何も設定しないまま納品プランを作成すると、複数の倉庫に商品を分散して納品する設定になってしまいます。

複数倉庫に分けて送ってしまうと、送料が高くついてしまうので、Amazonが提供している「FBA納品先集約サービス」を利用することで、国際送料を抑えることができます。

ただし、このサービスを利用すると「在庫分散サービス手数料」が請求されるので、この手数料も含めて利益計算しましょう。

参考:FBA納品先集約サービス

https://sellercentral.amazon.com/gp/help/200735910

 

⑧その他の各種費用・・・たとえば業務の一部を、納品代行業者や外注さんに依頼する場合、細かい費用がかかってくるかと思います。

よくあるのが「バーコードを貼るのに1枚20円」「同梱で50円」などの手数料です。

これらを払っている場合は、⑧に入れて計算しましょう。低単価の商品を扱う場合は無視できない割合になるので、しっかりと利益計算に入れておきましょう。

 

無在庫販売(自社出荷)の利益計算

以下の計算式で利益が計算できます。

利益=(①売値)ー(②仕入れ値)ー(③Amazon販売手数料)ー(④送料)ー(⑤その他の各種費用)

①売値・・・自社出荷で販売する場合、最安価格で計算します。FBAセラーがカートを取っている場合でも一定数の購入者は最安値で購入します。

②仕入れ値・・・FBA同様、消費税還付を受ける場合、税抜き価格で入力します。

③Amazon手数料・・・FBA同様、Fulfillment by Amazon Revenue CalculatorにASINを入力して確かめましょう。GoogleChrome拡張機能のAmazon FBA Calculator Widgetも便利でオススメです。

④送料・・・送り方によって異なります。

⑤その他の各種費用・・・たとえば発送業務を委託している場合、委託料なども含めて計算します。また、梱包資材の費用などもここに含めて計算しましょう。

注意
今回の利益計算方法に、海外口座からの出金の際に必要となる為替手数料は含めていません。為替手数料、為替変動も含めて考えて利益計算する場合、事前に正確に予測することができないので、現在の為替をやや低めに見積もると安全です。たとえば、現在が1ドル110円なら、1ドル105~107円くらいで利益計算すると、為替変動のリスクにも備えて計算できていることになります。

まとめ

Amazon輸出の利益計算方法についてまとめました。Amazonの手数料体系は定期的に見直しが入りますので、手数料が改訂された際には、利益計算も見直しましょう。また、利益計算が分かったら、リサーチについても学びましょう。商品リサーチについては、Amazon輸出 ライバルセラーからリサーチする方法にまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です