Amazon.com(アメリカ)の出品アカウント作成

準備

・クレジットカード

・身分証明書(パスポートや運転免許証などをスキャンまたはコピーしたファイル。形式はpdf, png, gif, jpg)

・固定電話または携帯電話(PIN番号を受け取ります。)

・ショップ名を考えておく(Amazon上に表示されます。例:Macky Japanなど)

・海外銀行口座番号(ペイオニアかWorld First)※先に開設しておいた方がスムーズです。

海外口座はペイオニアがオススメです。ペイオニアの登録方法については「Payoneer(ペイオニア)の口座開設 -登録の方法-」にまとめています。

Amazon輸出(アメリカ)の出品者登録の流れ

1.出品アカウントの登録

Amazon.com(アメリカ)にアクセスします。

https://www.amazon.com/

 

ページを下の方までスクロールしていくと、「Sell on Amazon」という表記がありますので、そこをクリックします。

 

 

続いて表示される画面で「Start selling」をクリックします。

 

 

 

「Create your amazon account」をクリックします。

 

 

名前、メールアドレス、パスワードを入力し、「Next」をクリックします。すべて半角英語または半角数字で入力しましょう。

 

 

続いて、以下の画面が表示されますので、「アメリカAmazon.comのアカウント作成、および出品者認証プロセスについて」にそって、①Seller agreement(出品者条件の承諾 )、②Seller Information(出品者情報の登録)、③Set up your credit card(銀行口座とクレジットカードの登録)、④Tax information(Tax関連情報の登録)、⑤Product informationSeller agreement(商品情報を選択 )の順に入力を済ませましょう。

 

 

最後に「Finish」をクリックすると終了です。そのまま、seller central(セラーセントラル)の画面に切り替わるので、以下の「出品者認証プロセス」と「出品アカウントの2段階認証設定」の設定に移りましょう。

 

2.出品者認証プロセス

セラーセントラルにログインし、身分証明書(免許証やマイナンバーカードなど)の書類を提出します。出品者認証プロセス に失敗しても、再度提出することが可能です。

 

どうしてもうまくいかない場合は、Amazonセラーセントラルのヘルプからセラーサポートに問い合わせると電話で対応してもらえます。

 

実際に僕自身、正しく書類を提出しているにも関わらず、出品者認証が通りませんでした。しかし、セラーサポートへ問い合わせることで解決しました。日本語で親切に対応していただけますので、ご安心ください。

 

また、出品者認証は、登録から数日かかる場合がありますので、Amazon輸出に取り組まれる方は、できるだけ早めに済ませておきましょう。

 

3.出品アカウントの2段階認証設定

Amazonでは過去にアカウントが乗っ取られる事件が多数起きています。アカウントのセキュリティ強度を高め、不正なアクセスを防ぐためにも、2段階認証は必ず設定しましょう。

Amazonというプラットフォームを借りているだけで、輸出ビジネスに取り組むのは、あくまでも自分です。自分の身は自分で守りましょう。

 

最後に

出品アカウント作成の作業は、慣れない作業で面倒ですが、最初に登録してさえしまえば、再度、個人情報を入力したり、身分証などの書類を提出したりすることはありません。

 

出品アカウントを作成したら、いよいよ販売開始です。あなたの挑戦の舞台は整いました。Amazon輸出で利益を出し続けるためにも、これからしっかりと勉強していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です