【2018年最新版】Amazon輸出、FBA販売と無在庫販売どちらがいい?

新規参入者にはFBA販売がオススメ

結論から言うと、これから新たにAmazon輸出に取り組む場合、FBA販売が断然オススメです。無在庫販売は、「リスクが少なく、資金がほとんどいらない」というメリットだけが注目されがちですが、新規参入者にとっては、乗り越えなくてはいけない壁が多く、2018年現在、新規アカウントでの無在庫販売はかなり厳しくなってきています

 

Amazon輸出をこれから始めようという方は、Amazon輸出の現状を正しく理解したうえで、販売を開始しましょう。

 

Amazon輸出のFBA販売とは?

FBA(フルフィルメント by Amazon)とは、Amazonの配送システムを利用し、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスまでをアマゾンに委託できるサービスのことです。

 

要するに、仕入れた商品をアメリカのAmazonの倉庫に送ってしまえば、それ以降の作業はAmazonがやってくれるシステムになっています。

 

Amazon輸出の無在庫販売とは?

その名の通り、在庫を持たない状態で、Amazon上に商品を出品し、売れてから「仕入れ」と「発送」を行う方法です。Amazon輸出が広まり始めた頃は、無在庫販売で利益を上げてく手法が流行りました。

 

FBA販売をオススメする理由

販売実績とセラー評価がたまりやすい

FBA販売と無在庫販売では商品の売れやすさがまったく違います。Amazon自体がFBA販売を推奨しているため、FBAセラーは無在庫セラーに比べ、「カートの取得率」が高くなっています。

 

「カートの取得率」が上がると、自ずと売上げも上がっていきます。新規セラーがAmazon輸出で成功するためには、まずは販売数を増やし、セラー評価を溜めていくことが重要です

 

仕組み作りが簡単で、結果が出るのが早い

FBA販売では、商品をFBA倉庫に預けてからの作業をAmazonに委託できるので、自分は商品のリサーチや仕入れに集中できます。商品リサーチや仕入れの部分も、外注化することが可能で、作業を手離れさせていくことができます。

 

また、物販は諦めなければ、必ず結果が出ます。初心者の方が失敗する理由として、最大の理由は、思ったような結果が得られず途中でやめてしまうことです。その点、Amazon輸出のFBA販売は、商品をFBA倉庫に納品すればすぐに売上げが上がっていきますので、モチベーションを保ちやすく、継続しやすいです。

 

無在庫販売をオススメしない理由

新規アカウントは古いアカウントに比べて圧倒的に不利

Amazon輸出が世の中に広まり始めた頃、新規アカウントでも、無在庫販売が通用していた時代がありました。しかし、Amazonによる新規アカウントへの取り締まりは年々厳しさを増しており、新たにアカウントを作成し、無在庫販売のみでAmazon輸出に取り組むことが難しくなってきています。

 

また、新規アカウントでは、販売できるカテゴリーやブランドにも制限が多くなっているのが現状です。そのため、無在庫販売のみで販売数を増やし、セラー評価を獲得していくことは、困難を極めます。

 

無在庫販売はライバルが強すぎる

無在庫販売は、確かに、リスクが小さくて、キャッシュフローもいいです。輸出でも輸入でも、無在庫販売で継続的に利益を生み出す仕組みが作れたら、無敵だと思います。

 

だからといって、僕は「無在庫を本格的にやってみよう」という気にはなりません。なぜならライバルが強すぎるからです。本気で無在庫に取り組んでいる方は、そもそも物流に圧倒的な強みを持っていたり、システム開発に多額の投資をしていたりします。一個人の副業レベルでは、仕組みを作り上げることが難しく、到底勝ち目はないです

 

まとめ

Amazon輸出において、無在庫販売自体の可能性が0というわけではないですが、FBA販売は、副業からのスタートや、自営業者の新たな収入の柱としても取り組みやすく、オススメです

 

FBA販売で販売実績を積んでいくと、カテゴリー審査やブランド出品申請なども通りやすくなるため、無在庫に比べ、売り上げと利益を拡大させていくことが容易です。

 

どうしても無在庫から始めたいという方は、利益を得ることよりも、当面の期間はアカウントをじっくり育てていく必要があります。3か月~半年くらいは、時間と労力をかけて、コツコツと販売実績を積んでいきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です