Amazon輸出で利益率を上げる方法

一口にAmazon輸出と言っても、セラーごとに販売戦略の立て方や商品の仕入れ先が違います

メーカーや問屋などから安く仕入れて販売し、利益を上げているセラーもいれば、小売店(Amazonや楽天や実店舗)から商品を仕入れて利益を上げているセラーもいます。また、自社開発のオリジナル商品を輸出して販売しているセラーまで様々です。

あなたがどのような販売方法をとるにしても、物販に取り組んでいく以上、利益率は正確に把握していく必要があります。

ここでは、Amazon輸出初心者の方が、利益率を上げる方法を説明します

 

アマテンに登録し、Amazonギフト券を安く買う

amaten – アマテンというAmazonギフト券の取引サイトで、Amazonギフト券を購入するだけで利益率が上がります。

 

アマテンではギフト券金額の95%前後でAmazonギフト券が取引きされているので、安くギフト券を入手することによって、仕入れ値を下げることができます。

 

ハピタスなどのポイントサイトに登録する

楽天やヤフーショッピングなどで商品を仕入れる際に、ハピタスポイントタウンなどのポイントサイトを経由して購入すると、ポイントキャッシュバックされます。キャッシュバック率はわずかですが、コツコツためていくと馬鹿にできない金額になります。

 

ハピタスに関しては以下の記事にまとめています。

Amazon輸出するなら、ハピタスに登録してポイントを貯めよう!

 

還元率の高いクレジットカードを使う

楽天やヤフーショッピングで仕入れを行う場合、楽天カードヤフーカードのご利用がオススメです。楽天カードもヤフーカードも、自社サービスでの還元率が高く設定されていますので、楽天やヤフーショッピングでの仕入れが多い方は、それらのクレジットカードを使うだけで利益率を上げることができます。

 

卸を取る

小売店から仕入れだけでも十分に利益は取れますが、小売り仕入れに慣れてきたら、卸交渉をしていきましょう。「卸を取る」と聞くと、一気に難易度が上がったように感じますが、やることはシンプルです。誰もが知っているような有名メーカーの商品ではなく、適度にニッチな商材であれば、メーカーや問屋さんも話を聞いてくれます。卸仕入れは難易度がやや上がる分、利益は安定します

 

 

送料や経費を節約する

いくら安く仕入れられても、送料や経費が利益を圧迫していては意味がありません。物流コストを削減するために、安い納品代行業者を使用したり、自社でクーリエと契約を結んだりして、配送にかかる費用を下げる必要があります。また、梱包資材や使用している有料ツールなどにかかっている経費を見直し、利益率の改善に努めましょう。

 

 

まとめ

Amazon輸出で利益率を上げる方法を説明しました。

 

工夫次第でAmazon輸出は小売店からの仕入れだけでも、利益を出すことが可能です。実際に小売店から仕入れのみで、何年も販売を続けている輸出セラーも多く存在します。

 

しかし、長く安定した輸出ビジネスに取り組むためには、小売店からの仕入れと並行して卸交渉を実践していくことがオススメです。

 

特別な仕入れ先を持っていなければ、ネット販売で利益を上げることはできないのでは?」と思われている方も多いようです。仮にそうだとしたら、物販で成功するためには、最初から有利な条件をもって生まれてくるしかありません。

 

世の中には、何もない状態のところから成功した人は山ほどいます。やらない理由を探すよりも、できる可能性を探していきましょう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です