サラリーマンの副業にAmazon輸出が最適な理由

「Amazon輸出」以外にも、物販ビジネスの中には「Amazon輸入」「中国輸入」「無在庫販売」「ヤフオクやメルカリでの販売」「BUYMA販売」「ネットショップでの販売」など、数多くの手法が存在しています。

僕自身、Amazon輸出だけでなく、様々な物販に挑戦してきましたが、特に「Amazon輸出」は副業に最適だと思っています。この記事では、その理由を説明していきます。

 

サラリーマンの副業にAmazon輸出が最適な理由

FBAが利用でき、作業を外注化・仕組み化しやすい

「Amazon輸出」で行う作業は、そのどれもが外注化・仕組み化しやすい作業です。

 

世間には副業として、様々な方法が紹介されていますが、本業が忙しいサラリーマンの場合、その副業が外注化しやすい内容かどうかを1つの判断基準にして選ばれることをお勧めします。

 

「Amazon輸出」の場合、FBAを利用することで、商品が購入されてからの発送や返品対応などの面倒な作業をAmazonが代行して行ってくれます。

 

また、商品のリサーチや商品登録、FBA倉庫への発送などの作業も外注化しやすい作業が多いので、最終的に自分ではほとんど作業をせずに収入を得ることも可能です。

 

実際に僕自身、Amazon輸出に取り組み始めて1年ほど経った頃、商品のリサーチ、仕入れ、商品の荷受けや梱包、FBAへの納品作業などの単純作業をすべてパートさんに任せました。作業を手離れさせたことで、自分は新規の仕入れ先を開拓したり、新たなビジネスに取り組んだりすることができています。

 

僕の場合はパートさんに任せていますが、サラリーマンの方の場合は外注さんや家族の協力を得ることで、同じように半自動的な収入を得ることが可能です。

 

無料ツールやサービスが充実している

Amazon輸出を行う上で必要な無料のツールや、FBA納品代行・海外の倉庫貸しなどのサービスが充実してきているのもポイントです。

 

昔は、それらのツールやサービスは料金が割高なものが多く、利用しにくいものが多かったようで、新規参入者が利益を出しづらい状況でした。現在では、無料もしくは安く利用できてレベルの高いものが増えていますので、初めて副業に取り組む方でも安心して始めることができます。

 

誰がやっても同じ結果が出やすい

これは実際にやってみて思ったことですが、Amazon輸出は、俗にいう「再現性が高いビジネス」だと思います。僕自身、最初は「輸出」という言葉だけで、「Amazon輸出ってすごく難しそう」と思っていました。実際に最初は分からないことだらけで、苦労しましたが、半年くらい経った頃には、コツを掴んできて、悩むことが少なくなりました。

 

Amazon輸出は、簡単に言ってしまえば、売れているものを安く仕入れて売るだけです。ですから、センスや才能に左右されにくく、他の物販ビジネスに比べると、誰がやっても同じ結果を得やすいと言えます。

 

もちろん、Amazon輸出に取り組む人全員が、まったく同じ方法で、まったく同じ売上で、というわけではありませんが、まったくの物販初心者の方がAmazon輸出に参入した場合、似たような道筋を辿ることが多いです。

 

僕がAmazon輸出をパートさんに教えてきた経験上、3カ月~半年で、ほとんどの作業を覚えてもらうことができました。

まとめ

以上が、サラリーマンの副業にAmazon輸出が最適な理由です。ネット上には数多くの副業が紹介されていますが、その中でも副業で成功を収めやすいのは間違いなく物販ビジネスです。

中でもAmazon輸出は、最初のうちこそ毎日の努力が必要ですが、軌道に乗ると毎日1時間以内の作業時間でも売上を維持しやすいので、時間の限られたサラリーマンにはうってつけです。

副業を選ぶ際には、成功しやすく、かつ継続しやすいビジネスを選ぶことをオススメします。Amazon輸出は副業から始めて、ゆくゆくは独立して本業にすることも十分に可能なビジネスですので、物販に興味がある方は、選択肢の1つとして考えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です