Amazon輸出 アカウント停止から再開する方法

Amazon輸出ビジネスにおいて、アカウントの停止や閉鎖は最大のビジネスリスクです。Amazonで商品を販売していると、まったく身に覚えがない内容でも急にアカウントが停止することもあります。

 

実際に僕自身も、Amazon輸出に取り組み始めて半年くらいが経った頃に、突然アカウントが停止しました。しかも、よりによってホリデーシーズン中に。

今となっては、いい経験だったと思えますが、当時は絶望的な気持ちになりました。

 

この記事では、Amazon輸出におけるアカウント停止に関する内容と、アカウント停止から再開する方法について書いていきます。

 

アカウント再開までの時間差はありますが、グレーなことをやっていなければ、ほとんどの場合アカウントは復活します。落ち着いて、冷静に対処していきましょう。

Amazon輸出のアカウント停止の理由

セラーパフォーマンス指標の低下

主に無在庫セラーに多い停止理由です。在庫確保ができずに注文後のキャンセルや、配送遅延などを繰り返すと、セラーとしての評価が下がり、アカウントが停止することがあります。FBA出品のみで販売をしているセラーの場合、セラーパフォーマンスが理由でアカウントが止まることはほとんどありません。

 

偽物の販売

Amazonでは、偽物(偽造品)の販売を厳しく取り締まっています。正規品を販売していても、購入者や第三者からの通報が入るなどして、偽造品販売の疑いがかかった場合、アカウントが停止することが多いです。Amazonは、その出品者が本物を販売しているという確証が取れるまで、アカウントを再開しません。

 

FBA販売をしている出品者がアカウントを停止されるのは、ほとんどの場合、これが原因です。正規品を販売しても、少しでも偽物の疑いがかかると、Amazon様は容赦なくアカウントを停止してきます。僕も偽物の販売を疑われて、アカウントが停止しました。

 

複数アカウント運営、閉鎖アカウントとの関連性

Amazonの規約にもある通り、Amazonでは、基本的に複数のアカウント保持を禁止しています。同一のIPアドレスからのログインや、以前に閉鎖されたアカウントとの関連が認められた場合、アカウント停止につながる恐れがあります。ただし、同一のIPアドレスから、複数のセラーセントラルへログインがあった場合でも、一発で即停止・即閉鎖ということはないようです。アカウントに何らかの問題があった場合、連動して関連するアカウントが一斉に停止します。

 

実際に僕も、日本のAmazonでの話ですが、関連アカウントの停止を経験しています。僕は、Amazonでの国内販売を始めた頃、友人と同じネット環境下(同一のIPアドレス)の中で、数カ月間一緒に仕事をしていました。その後は、それぞれ別々の場所で仕事をしていましたが、僕が販売している商品に真贋についての疑いがかけられてしまい、ある日突然アカウントが停止しました。その際、友人のアカウントが連動して停止してしまったのです。

 

真贋調査が終わり、僕のアカウントが再開すると、無事に友人のアカウントも再開しましたが、この一件から見ても、Amazonでは、IPアドレスの一致はかなり厳しくチェックされているはずです。

 

MEMO
例外として、追加アカウントを必要とするビジネス上の正当な理由がある場合にのみ、複数アカウントの保持が認められています。

 

知的財産権、商標権侵害の意義申し立て

メーカーや代理店などの販売権利者がセラーやAmazonに対して、出品を取り下げるよう警告が入ることがあります。実際に販売を開始すると、誰しも経験することになるかと思いますが、そのような警告メールが直接自分宛に届いた場合は、しっかり謝罪し、商品の出品を諦める方が無難です。

 

また、Amazon側に警告が入った場合、該当商品の出品が停止される場合と、アカウントが一発で停止される場合とがあります。何度も同じことを繰り返していれば別ですが、一発で閉鎖まで追い込まれるようなことはないので、間違っても警告を無視して販売するようなことはやめましょう。

 

知的財産権や権利侵害については、Amazonでの販売を開始する前に、一通り目を通しておくことをオススメします。

知的財産権とその他の権利侵害

 

アカウントが停止から復活するまでにやること

Amazonからのメールに丁寧に返信する

自分に落ち度があった場合は、まずはしっかり謝罪しましょう。ただし、ほとんどの場合、謝罪だけでは、すんなりアカウント再開とはなりません。問題の種類は何か、なぜ問題が起こったのか、同様の問題の発生を防ぐために何を実行したのか、など細かい部分の説明を求められますので、それらのメールに対して、できるだけ具体的に答えていく必要があります。

アカウント停止から再開までに、最低でも5~6往復のメールのやり取りが必要です。こちらがどれだけ一生懸命考えて作った文章でも、Amazonはテンプレートでの返信を繰り返してきます。

しかも、1日に最大でも2往復程度のやり取りしかできないため、話がなかなか先に進みません。それでも決して投げやりにならず、辛抱強くメールを返信しましょう。

Amazonに正当性を主張する

Amazonの新規アカウントに対する取り締まりは、年々厳しさを増しています。急激に売上が伸びたり、出品数を急に増やしたりするだけでも、あらぬ疑いをかけられる可能性があります。

身に覚えのない疑いをかけられた場合、自身の販売の正当性をしっかりと主張しましょう。その際に、主観だけでなく、客観的に正当性が認められるかどうかがポイントです。仕入れ先からの請求書や領収書など、提出できる書類はすべて提出したうえで、正当性を主張しましょう。

アカウント再開をサポートしています

上記のような方法で、じっくりと時間をかければアカウントの復活は9割方は可能です。しかし、Amazonアカウント再開までには、多大な労力が必要です。また、Amazonアカウントスペシャリストと英文メールでのやり取りになるので、自分の伝えたいことが正しく伝わっているのか不安な方も多いかと思います。

 

そんな方のために、有料サービスにはなりますが、僕が、あなたのアカウント再開をお手伝いすることも可能です。もちろん、アカウント再開に全力を尽くしますが、万が一アカウントが再開できなかった場合は、新規アカウント作成のフォローまで行います。そのうえで、販売再開までに至らなかった場合は、サポート料金を全額返金致しますのでご安心ください。

 

アカウント再開サポート内容

英文メールの作成フォロー

無料のツール(Google翻訳など)で作った英文では、相手に伝えたいことが伝わりません。正しい文法でのメール作成をお手伝いします。日本語で作ったメールを全文英訳することも可能です。

チャットサポート

アカウント再開までの一連のサポートをチャットのやり取りで行います。

新規アカウントの作成フォロー

万が一、アカウント再開できなかった場合は新規アカウントの作成をお手伝いします。

ご質問・お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です