Amazon輸出とは?Amazon輸出って儲かるの?

Amazon輸出とは?

簡単に言うとAmazon輸出とは、日本の商品を海外のAmazonで販売することです。今では多くの日本人がAmazonを介して、アメリカやヨーロッパ、中国、オーストラリアなどの国で日本の商品を販売しています。

 

輸出と聞くと、その言葉だけで「難しそう」「英語ができないから」と思われるかもしれませんが、最近はAmazon輸出を行うために利用できるツールやサービスが増え、誰でも簡単に始めることができます。副業としてお小遣い稼ぎをしている方から、年商数億円を売上げている方まで幅広くいらっしゃいます。

 

このブログでは主に、アメリカ向けのAmazon輸出についての記事を書いています。

Amazon輸出ってどれくらい儲かるの?

個人でも月に数百万円稼げている人はいますし、利益をほとんど出せずに撤退していく人もいます。僕自身の経験からすると、Amazon輸出で月30~50万円くらいまで稼ぐことの難易度は高くないです。努力を継続することができれば副業でも、本業の片手間でも、誰でも到達が可能な数字だと思っています。

 

凡人の僕でも2017年から始めて、半年で30万円、1年で80万円は稼げました。ただし、月利100万円以上を目指そうと思うと1人では結構きついと思います。人を雇ったり、いい外注さんを見つけないと到達できない人がほとんどです。

 

在宅の副業に!オススメのネット物販ビジネス【厳選3つ】には、僕が実践したことがあるネット物販ビジネスについてまとめていますが、Amazon輸出以外にもネット物販には様々な方法があります。その中でもAmazon輸出のいいところは、最初の半年程度、取り組み続けることができれば、あとは大きな手間をかけずに売上げを継続して作っていけるところにあると思います。

 

このブログでは初心者の方に向けて、Amazon輸出や中国輸入など、ネット物販初心者の方が最初の1歩を踏み出すために必要な情報を提供しています。僕の経験が、あなたの勉強に少しでも役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です