Amazon輸出で仕入れ先を開拓!卸を取る方法

 

 

「商品はどこから仕入れるの?」

輸出でも、輸入でも、ネット販売に興味を持った人が最初に抱く疑問です。Amazon輸出の場合、まずは「小売り仕入れ」の実践をお勧めします。そしてある程度、売り上げが立ってきたら、次は「卸交渉」をして仕入れ先の開拓をしていきましょう。

 

どのような商品が、どれくらい売れるかもわかっていない状況で、初心者の方がいきなり卸交渉しても、失敗します

 

Amazon輸出における正しい卸交渉の仕方を学びましょう。

 

卸交渉の方法

メーカーに直接交渉する

「メーカーからの直接仕入れなんて無理」と、交渉もしたことがないのに、諦めていませんか?

 

誰もが知っている日本の大手メーカーはさすがに難しいですが、日本には、ニッチなジャンルの商品を扱うメーカーも多数存在しています

 

Amazon輸出に取り組んでいると分かるのですが、「日本では人気のない商品が、アメリカではよく売れている」ということが多々あります。

 

よく売れる日本の商品のメーカーが分かったら、ダメもとで問い合わせてみましょう。会社によって「法人のみ」「個人可」など仕入れ条件は違いますが、難易度が高い分、成功すると、他のセラーと差をつけることができます

 

卸業者・問屋と交渉する

メーカーに交渉した際に、「問屋さんを紹介してもらえませんか?」と聞いてみましょう。メーカーとの直接取引は難しくても、卸業者や問屋なら紹介してもらえる可能性があります

 

また、インターネットで卸業者を検索し、電話やメールで問い合わせをしましょう。メールよりも電話で問い合わせた方が、商談がまとまることが多いので、電話がオススメです。

 

ギフトショー・展示会に足を運ぶ

海外でよく売れる商材やジャンルが分かってくると、それらのメーカーが参加するギフトショーや展示会に参加して、その場で商談しましょう。

 

ここまでやる人はなかなかいないので、取引相手にも真剣度が伝わりやすいです。メーカーや卸業者と知り合いになりたいなら、見本市や展示会に行くのが一番です

 

ネッシーやスーパーデリバリーなどのネット卸から仕入れる

インターネット上で卸販売を行っている業者も存在しています。NETSEA(ネッシー)スーパーデリバリーなどが有名です。

 

このようなサイトを通じて卸してもらってもいいのですが、ライバルたちも簡単に行き着けてしまう仕入れ先になるため、小売り仕入れと大差がなく、オススメはしていません

 

できるだけライバルが行き着きにくい仕入れ先の開拓に力をいれましょう。

 

卸を取るときの注意点

卸交渉が成功しても、たいていの場合、仕入れの最低ロット数や購入最低金額などの制限があります。いくら安く仕入れることができても、在庫を持ちすぎてキャッシュフローが悪くなってしまうと資金が増えていきません

 

せっかくOKをもらっても自分が買える量でなければ意味がないので、卸交渉をする前に、「どの商品を」「月にどれくらいの数量仕入れるのか」をはっきりさせてから交渉を行いましょう。

 

また、最初はほとんどが「銀行振込による前払い」か「代金引換」になるため、仕入れ資金は、ある程度確保しておきましょう。

 

取引を通してメーカーや卸業者からの信頼を得られれば、後払いなどにも応じてもらえるようになりますが、最初のうちは現金取引ができる範囲で交渉していく必要があります。

 

 

 

まとめ

Amazon輸出における卸交渉についてまとめました。

 

卸交渉は成果が出にくいため、大半の人が嫌がり、避けて通ろうとします。卸交渉だけに限らず、Amazon輸出では、他の人がやらないことをやるだけで、チャンスは広がります

 

最初は面倒に感じるかもしれませんが、卸交渉には積極的に取り組んでいきましょう。交渉に慣れてきたら、マニュアル化して、外注さんやパートさんに任せていきましょう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です