楽天市場へ出店!開店から半年で月商300万円達成!

楽天市場に出店して

早いものでもうすぐ1年が

経とうとしています。

 

結果として楽天市場への

販路拡大は今のところ順調です。

ただ、販路拡大はタイミングを

間違えると危険だったな

とも感じさせられました。

 

色々と苦労したので。。

 

これから楽天市場への出店を

考えている方のために

これまでの軌跡を振り返っていきます。

楽天市場への出店を決意

2018年10月頃、楽天市場への出店を

決めました。

 

以前から営業の方から

出店のお誘いはあったものの

ずっと断っていました。

 

出店を決めた理由としては

以下のような感じです。

①すでに日本Amazonで販売中の商品を

並べるだけでも、そこそこの利益が

取れることが分かっていたから

 

②Amazonだけに依存したビジネスの

継続に不安があったから

 

③販路拡大に時間をかけられる

余裕ができたから(←これが1番重要!)

①に関しては、売れるカテゴリに

違いはありますが

市場規模としてはAmazonと

楽天市場は同規模(2019年現在)です。

 

ですから、Amazonで売れている商材は

楽天でもそこそこ売れます。

 

ただもちろん競合に

強いのがいると厄介なので

自分の扱っているメイン商材の

ライバルチェックは必須です。

 

 

②は、Amazonで中国輸入している方なら

感じていることだと思いますが

Amazonは中国人セラーが

すごい勢いで増えてます。

 

PC・スマホ関連とかほとんど

中国人セラーなんじゃないの?

ってくらい増えています。

 

先々のこと考えるとAmazonで

オールFBAっていうのは不安だな

という気持ちが以前からありました。

 

だからといってAmazonが売りやすく

素晴らしいシステムだということに

変わりはないので

今後もAmazon頑張っていきます。

 

ただし、中長期的な目線で言うと

Amazonでは中国輸入そこそこにして

日本製品とか食品を扱っていきたいな

と考えています。

 

昔から情報発信している人たちで

塾とかコンサルやっている人は

 

「最近Amazonに疲れて

ヤフーショッピングや楽天に行く人が

増えています。その考え方は危険です!」

 

みたいなこと言ってますが

僕は全然そんなことないと思います。

戦いやすいところで戦った方が

勝率は上がるはずなので。

 

ポジショントークに

騙されないようにしましょう!

 

さて、いろいろと理由を書きましたが

最大の決め手は③です。

僕は、いずれ楽天にも出す!って

決めてたので時間的な余裕が

作れたことが最大の決め手になりました。

 

ネットショップ本気でやろう!

って人は楽天避けて通れないのでは?

って僕は思っています。

 

「販路拡大したいなー」

と考えている人がいたら

気を付けてほしいのが

 

「販路拡大に取れる時間や余裕があるのか?」

ってことです。

 

1販路でやっていて、自分も

スタッフも手一杯の状況で

販路拡大してもまず失敗します。

 

僕の場合、自分自身に

余裕があったので

販路拡大に踏み切れました。

楽天市場へ出店から半年 / 売上推移

まず最初に売上推移グラフからご覧ください。

グラフだけ見ると急成長してますねー!

グラフには見えない血のにじむ努力がありますが。。

これから詳しく解説していきます!

 

2019年 1月~2月

まずはAmazonで販売中の人気がある

商材から優先的に商品登録していきました。

 

とりあえず最初のうちは

自社発送するつもりがなかったので

FBA倉庫に預けている在庫を

マルチチャネルで発送することに。

 

当時1個の出荷手数料が500円くらい

でしたので、Amazonで販売している

金額より数百円高めの値段設定に。

 

それでも需要がある商品なのは

間違いないし、競合もチェックしていたので

売れる自信がありました。

初月から100万近くは行くかな・・・

と思っていましたが、大誤算でしたね。

 

結果は

1月売上・・・15万

2月売上・・・21万

 

完全に考えが甘かったです。

今考えると当たり前のことなのですが

 

・販売実績なし

・レビューなし

・画像はAmazonで作ったものを流用しているだけ

・PC用・スマホ用に最適化されていない商品ページ

 

そんな状態の新規商品が

売れるはずがありません。

 

Amazonでは毎日売れるのが

当たり前になっていた商品も

販売実績をコツコツと積み上げてきて

SEOも上昇した上での結果だということ。

 

このままではヤバイ!ということで

広告を打ったり、価格を下げたりして

まずは販売実績を積むことをから

取り組むことに決めました。

2019年 3月

これはどの販路でも共通して言えることだと

思いますが、やはり「広告+値下げ」は効果が

高く、徐々に購入者が増えていきました。

 

徐々に出荷数が増えてきたため、

3月中頃にシッピーノの利用を開始し

FBA在庫の自動出荷に切り替えを行いました。

 

結果は

3月売上・・・60万

 

出店料や手数料考えると

ようやくトントンと言えるラインに。

 

2019年 4月

販売実績が付いてきたこともあり

広告や値下げを徐々に少なくしていきました。

 

結果は

4月売上・・・97万

 

時間はかかりましたが

ようやく100万円が見えてきました。

 

4月の売上には反映されていませんが

4月は5月以降に向けての新商品の投入

で大忙しでしたね。

 

外注さんのリサーチチェックをして

デザイナーさんに商品バナーを

作成してもらって・・・

4月末には新規商品を

5種類くらい投入できました!

2019年 5月

4月末に投入した商品がヒット!

もちろん売れるだろうという

狙いで投入していますが

思い通りの結果が出ました!

 

結果は

5月売上・・・203万

 

仕組みを整えればもっと上を目指せる!

と自信が持てる結果になりました。

2019年 6月

そしてついに!!

6月売上・・・393万

 

正直ここまで伸びる

とは思っていませんでした。

いい意味で期待を裏切られましたね。

 

行動として何か特別なことを

したわけではなかったですが

4月・5月同様に新商品を

数点投入した結果です。

楽天市場に出店して分かったこと

楽天市場へ出店してからの

半年を振り返ってみました。

 

楽天市場に出店して分かったことですが

個人的には楽天市場で売上を作るのは

Amazonより簡単でした。

 

もちろん思ったようにうまく行かないことも

たくさんありましたが、Amazonで販売を

始めた頃に比べると悩みの量が

圧倒的に少なかったです。

 

もちろん、僕自身と会社全体のレベルが

上がってきているということもありますが

それらを抜きにしても

「戦いやすいなーライバル弱いなー」

と思います。

 

 

ただ楽天市場の欠点としては

色々とやることが多いので

1人物販やられている方や

副業でやられている方には

難易度が上がります。

 

あと初期費用ががっつり持っていかれるので

これから独立してネット販売やっていこう!

っていう人の最初の選択肢としては

難しいのかなという印象です。

 

今後も楽天市場に関する情報を

お伝えしていく予定です。

 

読んでいただきありがとうごいざいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です