外注さん募集はジモティーがオススメです

Amazonでもメルカリでも、物販でビジネスを拡大させていこうと思うと、いずれ外注さんやパートさんに作業を手伝ってもらう必要が出てきます。

ネット上ではよく「CrowdWorks(クラウドワークス)」や「ランサーズ」などが紹介されていますが、特別なスキルが必要とされない作業の場合、「ジモティー」での外注さん募集がおすすめです。

僕も実際にジモティーで見つけた外注さんに1年以上、発送業務を委託していて、今は別のお仕事を手伝ってもらっています。

この記事ではジモティーを使った外注さんの募集について説明します。

 

ジモティーでの外注さんの募集から採用までの流れ

募集内容を掲載する

ジモティーで会員登録を済ませたら、赤枠の投稿画面へ(無料)へと進みましょう。

 

以下のような画面になるので、必要事項を入力していきましょう。タイトルに「在宅可能」「在宅ワーク」などの言葉を入れると、閲覧数と問い合わせが増えます。

必要事項の入力が終わったら「掲載する」をクリックして、問い合わせを待ちましょう。掲載した順に上位表示されるので、掲載してすぐはアクセスも多く、問い合わせ数も多いですが、数日たつと掲載内容が他の投稿の中に埋もれてしまいます。有料オプションの「リフレッシュ」を使うと再度上位表示させることができるので、より多くの方の中から選びたいという方は積極的に利用しましょう。

問い合わせに応じる

色んな事情があって自宅で仕事をしたいと思っている人は結構多いので、かなり問い合わせが来ます。ふるいにかけるのが大変なので、あらかじめ募集内容の文章中に「年齢」「性別」「在宅ワークを希望する理由」「1日のうち作業できる時間帯」「月に稼ぎたい報酬額」などの自分が聞きたいことを添えて返信してもらうようにすると、選びやすいです。

そう書いていても、中には「興味あります!」「月20万稼げますか?」など、一言で問い合わせが来ることもあるので、そういう方からの問い合わせは無視しましょう。

 

面接・採用

メールでやり取りして、2~3名程度に絞ったら、実際に会ってお仕事の内容について説明します。その中で、採用する人を決定しましょう。もちろん自分が納得いかなければ再度募集をし直してもOKです。文章では伝わらないことが多いので、実際に会ってみると、文章でやり取りしていたときのイメージとまったく違ったということもあります。お互い気持ちよく仕事をしていく上で、相性は大切なので、できれば会ってから採用決定した方がいいです。

 

ジモティーで外注さんを探すメリット

近所の人が探せる

ジモティーで外注さんを見つけることの1番のメリットとして、近所の人が探せるということです。簡単な作業を外注化するだけなら、近所(直接会いに行ける範囲)で十分見つかります。

物販に取り組んでいくと、たいていの場合は「商品の梱包や発送」などの簡単な作業を外注化したいと考えるようになります。

しかし、「商品の梱包や発送」の作業を任せる際に、会ったことがない人にいきなり商品を預けるのは不安な方も多いのではないでしょうか。

ジモティーで近所に絞って外注さんを募集すれば、委託契約を結ぶ前に直接会って話すことができるのでお勧めです。

 

関係性を維持しやすい

みなさんも経験があると思いますが、人間は何度も顔を合わせて話をするだけで、自然と人間関係が良くなってきます。

2~3カ月に1回だけでも直接会って話をすることで、外注さんとのコミュニケーションが取れて、関係性がどんどん良くなってきます。

「報酬はしっかり払ってるんだから」

という考えだけでは、外注さんはすぐに辞めていってしまいます。もっといい条件の仕事が見つかれば、そちらに行ってしまうからです。

 

でも、人と人としての関係性が築けていれば、外注さんは簡単に辞めません。

これは個人的な意見ですし、人それぞれでいいと思うのですが、僕はインターネットで完結する仕事をしていながら、メールやチャットなどのやり取りだけで関係性を築くのが苦手です。

 

文章だけではその人の考えていることとか、気持ちって1%くらいしか伝わらないと思うからです。

僕はもともと人と関わることが好きなので、仕事で関係する人とは直接会って話すことを大切にしています。

 

手数料が無料(安い)

現状、ジモティーは取引成立の際に費用がかかりません。一部のオプション機能は有料ですが、それでも格安です。

ジモティーでどんな仕事を依頼できる?

特別なスキルを必要としなければ、何でも依頼できます。具体的にいうと、

 

・商品の受取・検品・梱包・発送・FBA納品などの作業

・顧客とのメールやメッセージのやり取り

・手書きのメッセージカードの作成

・商品リサーチ

・出品登録作業

 

などの作業であれば、応募していただける方が多いです。

ジモティーで見つかりにくい外注さん

商品画像の加工、ロゴの製作、システムの開発などのお仕事を依頼する場合には、ジモティーでは見つかりにくいです。それらの仕事を依頼したい場合はランサーズなどで実績のある方に依頼する方が確実です。

また、Amazonの新規出品時に使うような商品画像の加工は、無理に外注さんを探さなくても、株式会社バーチャルインのような業者に依頼すると、低料金で完成度の高いものが出来上がります。

 

まとめ

ジモティーでの外注さんの募集についてまとめました。

物販では必ず「外注化」という言葉がテーマとして上がります。もちろん外注化せずに、「自分1人でできる範囲でやる」というのも1つの選択ですし、「パートや社員を雇って組織化する」という選択もあると思います。

もし、この記事を読んでくださっているあなたが、物販をやっていて、初めての外注さんの募集を考えているのであれば、ジモティーでの募集も検討されてみてください。

ジモティー 無料の広告掲示板

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です