在宅の副業に!オススメのネット物販ビジネス【厳選3つ】

この記事では、在宅で副業からでもできる「物販ビジネス」を種類別にわかりやすく比較していきます。

一口に物販と言っても、月数万円のお小遣い稼ぎを目指すものから、月収100万円以上を目指すものまで幅広く種類があります。

副業で物販にチャレンジしようと考えている方は、自分の状況と照らし合わせて、自分に合った物販を選びましょう。

注意
ここでは、僕が実際に経験したことのある3つの物販ビジネスを、自身の経験も踏まえながらご紹介します。

オススメのネット物販ビジネス

① メルカリ、ヤフオク中国輸入(中国→日本)

メルカリ、ヤフオク中国輸入(中国→日本)・・・中国から仕入れた商品をメルカリやヤフオクなどの個人間取引サイトで販売すること

オススメしたい人
初心者向け。物販をまったくやったことがない人。まずは月に5~10万円でも稼いでみたい人。物販にあまり自信が持てない人。中国輸入の基礎を学びたい人。

推奨準備資金
資金10万円以上

※副業で始めた場合です。いきなり専業の場合だと、物販で生計を立てていけるようになるまでの生活費が必要です。

ライバルの強さ
弱い

稼ぎやすさや、ビジネスの特徴
物販の基礎を学ぶには最適で、利益計算も簡単で、初心者の方には取り組みやすいのが特徴です。国をまたぐやり取りになるので、ここで成功すると、Amazon中国輸入などでも成果が出しやすくなります。Amazon中国輸入のようにガチでやってるセラー(本業レベルの人)が少ないので、勝ちやすいです。

 

しかもメルカリやヤフオクだけでも月収100万~200万稼いでいる人もいます。同業の先輩から聞いた話ですが、夫婦2人でメルカリのみで月利が500万超えの人もいるそうです。

 

またメルカリやヤフオクは、中国輸入の商材との相性もよく、Amazonで売るよりも数倍高い値段でよく売れます。下のiphoneケースの出品画像をご覧いただくと分かるように、Amazon内ではいたるところで価格崩壊が起こっています。

「どうやって利益出してるの?」って思われるかと思いますが、もちろん利益は出ていません。最初は販売個数を稼いで、Amazon内のSEOを上げるために、Amazonでは赤字でも売り続けているセラーがたくさんいます。こうゆう市場に資金力のない初心者の方が入っていくのは厳しいです。

 

その点、ヤフオクやメルカリでは、同じような仕入れ値のiphoneケースが以下の画像のように、1000円以上で売れています。仕入れ値は、1個50円~200円くらいなので、送料や手数料を差し引いても利益が500円以上出ます。1個あたりの利益は500円でも、1日に10個、20個と売れるようになると、月10万円程度は簡単に稼げます。

今はやっていませんが、僕も以前はメルカリやヤフオクで販売していました。そのときは中国から仕入れた1つの商品のみで、月に10万円以上の利益を出せていました。アパレル商材(帽子)でしたが、物販を始めたばかりの僕でも稼げる商品を見つけることができたので、誰でもそうゆう商品を見つけることができると思います。

 

仕組み化
基本的には、リサーチ・仕入れ・購入者とのやり取り・発送作業などをすべて自分でやる必要があります。外注さんを見つければ、仕入れ・購入者とのやり取り・発送作業などの部分の外注化も可能です。リサーチの部分は外注化がやや難しいかと思います。

購入者とのやり取りと発送作業のみを1件50円~100円の報酬で募集すると、結構な数の応募が集まります。僕は子育て中の主婦の方に1件80円で手伝ってもらっていました。在庫の保管スペースが自宅に取れる人を募集しましょう。

外注さんの募集については「外注さん募集はジモティーがオススメです」にまとめています。

② Amazon輸出ビジネス(日本→米国)

Amazon輸出ビジネス(日本→米国)・・・日本で仕入れた商品をアメリカのAmazonで販売すること。

オススメしたい人
中級者向け。物販で月収50万円以上稼ぎたい人。将来的に物販事業を半自動化させたい人。最初は副業で、ゆくゆく独立を視野に入れている人。輸出に興味がある人。

推奨準備資金
資金50万円以上

※副業で始めた場合です。いきなり専業の場合だと、物販で生計を立てていけるようになるまでの生活費が必要です。

ライバルの強さ
普通

稼ぎやすさや、ビジネスの特徴
FBAを利用すれば、取り組み始めてから、結果が出るまでが割と早いのが特徴です。早い人だと2~3か月で成果が出始めます。最初は覚えることが多く大変ですが、慣れると売上と利益を維持しやすく、手間があまりかかりません。相乗り単純転売のみでも月利50〜100万円くらい稼げているセラーは多いです。また、Amazon輸出で貯まるマイルとポイントがすごいでも記事にしていますが、小売り仕入れメインであれば、他の物販に比べてマイルやポイントがたまりやすいです。

しかし、月利100万円以上を目指すとなると、独自の強みがないと伸ばし辛くなってくると思います。月利100万円を超えるようなセラーは、システム構築に数十万の費用をかけていたり、組織で取り組んでいたり、オリジナル商材を販売していたりするセラーが多いです。

 

 

仕組み化
代行会社とFBAを利用するだけで半自動化が実現します。自分は商品リサーチや仕入れのみに集中して取り組むことができるので、パソコンのみでもビジネスが可能です。さらに、リサーチや仕入れ、出品登録作業などの部分をマニュアル化すれば、ほとんどすべての作業を外注化することも可能です。

僕の場合は、Amazon輸出に関してはパートさん2名でほとんど回っていて、現在のAmazon輸出の月商は450万前後で粗利が80万円ほどです。そこからパートさんの人件費が10~20万円出ていく感じです。ちなみに僕のところは、7~8割が小売り仕入れですが、それでも工夫次第でこれくらいの数字にはなります。

現状では、大幅に規模を大きくするつもりはないのですが、規模を大きくしていくなら、次はオリジナル商材の販売だと思っています。そのため、今は次にご紹介する中国輸入のOEM販売に力を入れています。

 

③ Amazon中国輸入OEM販売(中国→日本)

Amazon中国輸入OEM販売(中国→日本)・・・中国から仕入れた商品を日本のAmazonで新規出品販売すること。※国内メーカー商品のOEMなども含む。

オススメしたい人
上級者向け。すでに何かしらの販売経験がある人。月収100万円以上稼ぎたい人。自営業者など、多めに時間が取れる人。

推奨準備資金
資金100万円以上

※副業で始めた場合です。いきなり専業の場合だと、物販で生計を立てていけるようになるまでの生活費が必要です。

ライバルの強さ
強い

稼ぎやすさや、ビジネスの特徴
Amazon新規出品は稼げる上限値が高いことが特徴です。1人物販でも月利300万円とか狙えます。実際にそうゆう人はたくさんいます。しかも、一度波に乗れば、「在庫補充」「商品ページや広告のメンテナンス」「新商品の投入」を続ければ、月の売上を維持しやすいです。

しかし、商品ページの作成や、SEO対策などを一からやっていくため、結果が出るまでに最低でも半年はかかります。参入者も増えてきており、まったくの物販初心者の方は結果が出にくくなってきているようです。また、売れているものを仕入れて販売する作業とは異なるため、新規出品はセラーのセンスにも左右されます。

僕も、自分のOEM商品がAmazonでベストセラーを取れるまでに半年かかりました。

 

仕組み化
FBAや代行会社を利用すれば、物流の部分は外注化が簡単です。ページ作成や広告運用の部分の完全外注化は難しく、その部分も人に任せたい場合は、スタッフを雇って教える必要があります。僕自身は、OEM販売について、まだ勉強中なので、ページ作成や広告運用も自分でやっていますが、将来的には人に任せていきたいと思っています。仕組みにする難易度が高い分、仕組みができてしまえば、かなり稼げるようになると思います。

 

注意
中国輸入という言葉が一般的になっているので、タイトルは中国輸入としましたが、商品は日本製の商品でもなんでも構いません。むしろ中国人セラーが増えてしまった今のAmazonでは、あまり情報の出回っていない国内製品のOEMにはかなり可能性があると思います。

 

まとめ

オススメのネット物販ビジネスについてまとめました。

世の中にはたくさんの副業がありますが、その中でも物販は、初心者に最適だと言われています。

インターネットで「副業」とか「副収入」と検索すると、アフィリエイトや、FX、仮想通貨、airbnb、YouTubeなど、上げだしたらキリがないくらい様々なものが紹介されていますよね。

その中でも物販が初心者に最適と言われるのは、これらの副業の中でも結果を出しやすいからです。しかも突き詰めれば、それだけで安定して長く稼ぎ続けることができます。

今回紹介した3つの物販ビジネス以外にも様々な販路や手法がありますが、これら3種類の物販ビジネスに関しての情報は今後も発信していく予定ですので、参考にしていただけますと幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です